全国の求人情報からお仕事探し。正社員、アルバイト・パート、派遣社員を探すなら「はたラッキー」

よくある質問

  • 履歴書にアルバイト歴は記載するべきですか?

     

    職歴がない場合、アルバイト歴を履歴書に記載する方も多くいます。とはいえ短期バイトをいくつも書くのはお勧めできません。一般的には、履歴書に記載するのは「3ヶ月以上のアルバイト歴」が望ましいとされています。

  • 履歴書を書くときに学歴や職歴で嘘をついちゃいけないの?

    経歴詐称となりますので絶対にやめてください。 アルバイトの面接では、学校のことや過去に行ったアルバイトの経験などを聞かれる場合もあります。中には学校を中退したり、休学をしたことがある人や、短期間でアルバイトを辞めた経験がある人もいるのではないでしょうか。 これらの事情は隠したい部分ですが、アルバイトであっても嘘の記載は絶対にNGです。やっと見つけたアルバイト先ですが、嘘をついたことが何らかのきっかけでわかってしまうと経歴詐称になり採用が取り消しになってしまう可能性もあるからです。過去の職歴などは面接で聞かれた時に理由を説明すれば大丈夫です。

  • 応募する際に面接をドタキャンするのはだめですか?

    ドタキャンは絶対にNGです。どうしてもの場合は事前連絡を。 面接の予約はしたものの、ほかのアルバイトが決まったり、別の予定が入ってしまった時に連絡をするのは抵抗があるものです。 言いづらいからといって面接に行かない、いわゆるドタキャンは絶対NGです。 どんな理由があるにせよ、先方はあなたのために時間を作ってくれているので、早めに連絡をするのがベストです。

  • 応募の際に担当者が不在の場合の対応を教えて

    名前と要件を伝えて担当者の都合の良い時間帯を尋ねましょう。 アルバイトの詳細について電話で問い合わせたところ、担当者が不在の場合があります。 その際には、自分の名前と要件を述べて、担当者の都合の良い時間帯を尋ねましょう。

  • アルバイトの面接もスーツを着た方がいいですか?

    職種によってどちらがいいか判断しましょう。 アルバイトの面接では正社員と違い、必ずしもスーツを着用する必要はありません。 しかし、職種によってはスーツを着ていくことで面接担当者に好印象を与える効果が期待できます。面接では服装による第一印象が採用を左右しかねません。 大切なのは清潔感のある服装を心がけること。 真面目で誠実であることをアピールするには、襟付きのシャツやジャケットが特におすすめです。


PAGE TOP